NTT東日本東京合気道部

またまた濃い〜稽古にまぜていただきました。 今週は両手取りからの色々。 腕絡みというのを初めてやりました。 この日は隣の道場で空手をやってました。 子供達の元気のいい掛け声が聞こえてきてました。 初対面の私にも皆挨拶をしてくれました。 この日一番面白かったことは 小手返しの時は、相手を崩した時、その先へちょっと足してあげる、 天地投げの時は、相手が崩れ切るまで、ちょっと待ってあげる、 っていうのを教えていただきました。 呼吸投げの時、先生より、待ててる、と言われたのてすが 自分としては、その点には全く意識がいってませんでした。 ちょっと足したり、ちょっと待ったりするのには 相手との繋がりから、相手のベクトルを感じ取って いい塩梅で次のモーションを始める為の 準備段階と考えます。 その「ちょっと」の長さや短さを、 更に「足す」のか「待つ」のかを、 自分でわからなければ動けないから ベクトル受信器を作っていこう。 それと 入り身投げの入り方を 真っ直ぐ入る入り方と 捌いて、相手を崩してから、入る入り方とを やりました。 入り方で全く違った印象を与えます。 んー、まとまらない‥。