2011年4月17日 道場開き~初稽古

ご縁が整い、4月17日に道場開きを執り行うことができました。 参加をいただいた交友団体さま、道友のみなさま誠にありがとうございました。 みなさまへ、代表 伊師よりのごあいさつ。 仙川合気道春風は 「合気道を味わう」 ことを胸に歩んでまいります。 開祖、先輩、道友、そして新しい仲間たちとの合気道を楽しむ この時間に一礼。 春風からの気迫をこめた取りと受け。畳の音が道場にひびきわたります。 37名が一堂に会す。春風にとってありがたく、しあわせな瞬間です。 桜の新緑のはこんでくれる風がほどよく場の熱気を調整してくれます。 座技呼吸法にて流れにひと拍子入れ、稽古を淡々とすすめます。 交友道場の新川塾 師範 兼 仙川合気道春風 相談役 伯耆原先生による稽古の開始。 さまざまな交友道場の方に参加をいただけたため、 基礎的な稽古内容ほど新鮮に感じます。 伯耆原先生の場の流れをくんだ技がつづき、全体の呼吸がひとつになってきました。 有段者から初心者と37名の経験はさまざまです。それでも、 応用技でさえ同じ場で稽古ができる合気道の素晴らしさを味わえました。 ときには笑い声もきこえます。こういう瞬間も味わい深いですね :-> 最後にご指導をいただくは、れいめい会 荒井師範。 意識的に大きく、かつ、間をはかって横面打ち入り身投げです。 写真からも間合いに緊張感が伝わってきます。 と... まばたきする間もなくシャッターチャンスがっ。。。 「すばらしい方々ばかりに参加いただけたので、  カメラマンだけではなく、稽古がしたかった…(涙)」 とは今回はほぼカメラマンに徹した当道場 補佐 談。お疲れさまでした。 集中力がとぎれることもなく稽古がつづき... ひとつひとつ技を...相手との相対を...味わう。 そのような合気道をみなさまのお力添えで体現させていただけた初稽古でした。 参加をいただいたみなさまには、 仙川合気道春風の道場へ 気 を打ちこんでいただけたように感じます。 初心を忘れず歩んでまいりますので、 今後ともご指導ご鞭撻なにとぞよろしくお願い申し上げます。 仙川合気道春風 拝