量子と般若心経と観音経、禅

こんばんは。かもめ食堂 膝行族 ハラダです。 合気道から遠い投稿を続けてます(笑) -- まずは、100km/hさんの謎かけから。 小説一冊が250ページだとします。 話の中で「春風」が占める割合は、 2割にも満たないでしょうが、もっと少ないとみて1割 すると、25ページの中に春風のストーリーがあるかと。 春風という単語は、25ページ内(1ページ20行)の1割くらいで出てきそうな 気がするので、答えは、 50個 どうでしょ。 -- 量子論って、おもしろいです。 若干、わかってないまま書きますがご容赦くだはい。 この世の一番最小単位の 粒子クンは、シャイボーイ。 誰にも見られてないときはちょーリラックスしていて、 広大っていうか無限の波の姿らしい。 でも。誰かが粒子クンを見にきたとすると~ 粒子クン 小さな小さなツブのなっちゃいます。 このリラックスした無限の波を フィールド っていうらしい。 そして誰かが意識を向けるとキューって縮まって有限の形になるらしい。 そう、彫刻みたいに。 無限が有限になる。 これがぼくらの世界を形作ってるんだよってのが量子論。 (どなたか、あってる?) そうすると 場の雰囲気 はやっぱりあるわけです。 場には フィールド があり、一緒にいるひとたちとの意識の向け方で 姿かたちが変わりうるわけです。 ここはかもめ的な解釈ですが、一瞬一瞬、 粒子クンへどのような意識を向けるかで、 その都度その都度世界は変わることになると思います。 この量子論の世界って仏教と通じてます。 「空」の世界は、無常でもなく、あるようでない、ないようである、入れこの構造。 無限であり、有限である、量子論とそっくり。これが般若心経の世界。 そして観察者の心持ちしだいで、自由に物事がかわる可能性がある。 観自在菩薩であり、観世音菩薩の世界。観音経なり。これも量子論っぽい。 変幻自在の世の中だから、 一瞬一瞬を大切に心を込めて生ききる 禅 も大切。 なんだかよくわかんなくなってきましたが、 みなさんよきGWを~! アロハマハロ~♪