赤穂浪士。道か術か。

こんばんは。かもめ食堂 膝行族 ハラダです。 昨晩は「赤穂浪士の討ち入り(忠臣蔵)」の日とされていましたね。 所属している勉強会の中に、歴史を学ぶ会があります。 毎年この時期になると「赤穂浪士」がテーマに。 歴史はひとつではなく、 見る人によって変わる物であるという前提で お付き合いくださいね。 今回学んだことは通説とは全く逆。 果たして赤穂の人びとは正義だったのか... という話。 松の廊下で、大石内蔵助が、吉良上野介を 背後から切りつけたシーン。 テレビドラマなどでご覧になった方も いるかもしれません。 なぜ切りつけたのか。諸説様々だそうです。 理由はさておきまして、 武士が背後から人を切りつけるというのは どのように捉えられていたのでしょうか。 それは「道」だったのか「術」だったのか。。。 見る人によって歴史は変わりますね。 ちなみに忠臣蔵が物語になるには、 事件発生から46年経ったのちだったそうです。 真実を知る者はいないわけですね。