見るというのは…

こんにちは。かもめ食堂 膝行族 ハラダです。 先週、中島誠之助さんの講演を聞きました。 「開運!なんでも鑑定団」の鑑定士さんです。 小気味よい江戸っ子調で、 クスッと思わず笑わされたり、 深くウンウンとうなずいたり。 メモ書きを見ないで思い出す中島さんの言葉は、 「見るっていうのはねぇ。見るってことなんですよ」 というひとこと。 物事は、感動が先にあって、 あとから知識がついてくる。 「感動という土台があって、その上に、  知識という家が建つ。  そうして、美の殿堂が出来上がるんです」 と。 中島さんは父君も古物商をされていたそう。 父から、 『おい。上野で茶碗展やってるから観てこい』 と言われると、中島さんも「はい」と見に行く。 帰宅して、父から感想を求められ 『あれ、よかっただろう』 と言われ、「はい」と応える。 でも、その茶碗がなんなのか分からない(笑) それで茶碗を調べ、 なるほどそういうゆえんの茶碗だったか と感覚を研ぎ澄ましていく、 とおっしゃっていました。 参考にしたい言葉だと思います。