菜の花の沖

「坂の上の雲」の後 よしもとばななを挟んで

また司馬ワールドへ。

まだ読み始まりですが… 『足の指で土を摑んで歩け』との台詞が出て来た。

さらに、 「腰を心もち沈め、膝頭をわずかに曲げてばねをつけ」、 と続く。そうすれば、 「横あいから不意に突きとばされても転ばずに済む。」と。

あ、大澤先生が言っていた事じゃない?

てか、先月先生がそうおっしゃた時、 自分も以前袴をはかせていただいた頃、 足の指を「ぱぁ」にしてから「ぐぅ」にすると 関節に噛んで来る畳の感触を感じてた事を思い出した。

小説ではさらに、 「櫓(ろ/艪)を漕ぐにもすべてこれがもとの姿勢」 と、断言。 舟漕ぎ運動?