膝行族的、本年の当たりな文庫

こんにちは。かもめ食堂 膝行族 ハラダです。 師走ですなぁ。みなさん、どのような2013年でしたか。 さて、なんだか毎年書いているような気がするので今年も書きます。 膝行族が読んだ、今年のベスト文庫4冊。 文庫ってところがライトな感じでしょ(^^) -- 教科書に載った小説 by 佐藤雅彦 ([さ]5-1)教科書に載った小説 (ポプラ文庫 日本文学) クリエイターの佐藤雅彦さんが、小学生のころにワクワクよんだという 学校の教科書に掲載された小説集。 短い話ながらも、意外な展開があり、 なんだかニヤリとしちゃいます。 ちょっと斜に構えたあたりが佐藤さんっぽくて好きです。 こういう編集にもセンスがひかるんですね。 -- ホルモン焼きの丸かじり by 東海林さだお ホルモン焼きの丸かじり (文春文庫) なんだかもう...疲れたなぁって時に、 ふと表紙に惹かれて読んだらぁ それはそれはおもしろい。 フルーツサンドはサンドイッチとみとめない。けしからん! おっおじさんは、カツサンドだ!! とか、 うな重はお重に入ってうやうやしいけど、 しょせん ながっちょろい魚じゃないか。けしからん! かき混ぜてくってやる!! とか、文章が小気味よいうえに、 着眼点が、あぁそうそう、そう思っていたけど コトバにできなかったぁ などという、小さな幸せ満載のエッセイ集。 「○○の丸かじり」というシリーズでたくさんでているようですね。 きりがないので、ホルモン焼きのみでぼくはごちそうさまです(笑) -- 井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室 by 井上ひさし 井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室 (新潮文庫) むずかしいことを、やさしく。 やさしいことを、ふかく。 ふかいことを、おもしろく。 の劇作家 井上ひさしさんの文章作成講座。 ぼくの来年のテーマは「もう少し言葉に丁寧になる」でして、 年末にかけて洋書を中心に言語・文章についての本を読んでいましたが、 よけいなことをせずに、これを読んでおけばよかったです。 コトバには「必ず文章が間違った方向へ行く言葉」があり、 みんなそれを使いがちだというのがインパクトありました。 ※「ので」「だから」はそういう言葉だそうです。ややこしくなる。 脳の記憶システムと、文章との関係。 はたまた憲法と英語の憲法 constitution の違い、など。 豊かに作文の魅力を伝えてくれます。 これは本当にいい本だと、ぼくは思います。 -- アルケミスト―夢を旅した少年 by パウロ コエーリョ アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア) スペイン南部、アンダルシアの羊飼いの少年が住み慣れた環境を離れ、 ジブラルタル海峡を渡り、エジプト、ピラミッドへ冒険にでる物語。 歩むことが大切で、たとえ、後退したとしても、 その後退した風景は以前いたときとは違って見えることに 気づかせてもらえました。 -- はっ(oД0)!! なんかまじめっぽい。 今年の読書は、当初予定していたものとはまったく違う結果になりました。 でも、まぁいいかなって思ってます(笑) この年末に、自分でも笑ってしまうくらい、 本とさようならをしました。 来年は、もっともっと言葉に対して丁寧に接していける、 そのような本を選んで、深く付き合っていきたいと思っています。 いまいま付き合いを深める予定なのは... 志ん朝の風流入門 by 古今亭志ん朝 醒酔笑 by 安楽庵 策伝 The Elements of Style by E. B. White Lateral Thinking by Edward De Bono です。 来年の今頃にはどんな本を読み終えているんでしょうか。 たのしみです。