脱二元論

こんばんは。寒い季節が大好きな かもめ食堂 膝行族 ハラダ です。 さて先日、 「ガンになったらするべき50のこと」 なる本(アメリカの本)を読み終えました。 ガン生存者16,000名のインタビューをまとめたもので、 実際的なアドバイスが満載でした。 その中で「自己を律する」という項目があり、 いいなぁとおもった記述があったのでご紹介まで。 腎臓ガンとなった屈強な技術屋、マニュエルさんが 治療に際し自己を律することに対して、 「だって、たのしくないのさ!」 と言い捨てた。 それに対して、わたし(著者)はこう応えた... 『そうだね。  自己を律することはたのしくないかもね。  でも楽しい以上にいいことがあるよ。  それは、自由を得られることだ。  ぼくたちを苦しめるものからの自由だ。』 Cancer: 50 Essential things to do by Greg Anderson A Plume Book Health 2009 (P.154) -- アメリカではガンと診断されたら、 ガン患者ではなく、その時点で、ガン・サバイバーと 名乗ろうという運動が定着しているそうです。 患者の「患」は、わずらう(病気で苦しむ) 患者の英語は「patient」。我慢するとかの意味も含んでます。 ちょっと受身的な意味がつよいですよね。 そう考えると、 「サバイバー」 の方が、生き残ってやるぞ感がでてよい気がします。 こういったコトバのひとつひとつが大切なのかもしれません。