楷書・行書・草書

こんにちは。かもめ膝行亭 ハラダでございます。 ひきつづき、今宵も落語ばなしでございます。 さて、みなさん、 楷書・行書・草書というコトバをご存知かと思います。 年はじめに山岡鉄舟の自伝を読んでいた時分、 鉄舟が "書" の先生に入門するにあって、 「千字文」という短句を楷書・行書・草書で 写し書きをしたってなくだりを読み、 『へェ、こんな偉人も稽古が大切なんだなぁ』 と身が引き締まる思いがしたのでございます。 そして、なぜかこのように格付けをしちまったんですね。 楷書=初心者 行書=玄人 草書=達人 でも、落語の名人芸に触れると、 これって違うかもなぁと思わされています。 たとえば、前回紹介した 「三代目 三遊亭金馬」。 ウィキペディアを読むと、"楷書のような落語" と評されています。 金馬師匠のみ聴くとわからないのですけれども、 いっけんなに言ってんだかよくわかんない 「五代目 古今亭志ん生」の落語を聴くと... なるほど。 金馬師匠は、楷書かもと思わされます。 ラジオ全盛の落語家ですから、 噺の場面設定の解説など うま~く物語に織り込んであります。 丁寧なんですね。 逆に、志ん生師匠の落語は、 よっぱらってるんかいな、このジイサンと思うのですが、 なんどもなんども聴くとこなれてきて、 おもしろさがジワジワ~ビリビリきます。 てやんでぇ、べらぼうめな江戸っ子話が すっと入ってきて、勢いで笑わされるんですねぇ ジワビリです。たまらんです。 そう、 慣れてくると手順を端折った方が粋だね。 つるっと行きたいねってな感覚で聴くと、 志ん生師匠なんでしょう。 でも、そんな慣れなんて関係なく、 純粋に話に引き込まれると金馬師匠の丁寧さも あ~う~ん。うまいこというなぁってのも、また粋なんです。 話の流れ、あえてたとえていうならば。 楷書=三代目 三遊亭金馬 草書=五代目 古今亭志ん生 行書は...楽しみができました。 楷書・行書・草書を階段でとらえるのでなく、 日々の局面局面で、 楷書・行書・草書の個々を、 その間にあるスペースを、 行ったり来たり、行かなかったり来なかったり、ラジバンダリ。 のんべんだらりと味わえる心意気が欲しいですね。 ・おまけ:お二人の落語家の動画。 三代目三遊亭金馬 - 藪入り [youtube]http://www.youtube.com/watch?v=3v0E6dO8yrs[/youtube] 五代目古今亭志ん生 - 風呂敷 [youtube]http://www.youtube.com/watch?v=LryfU7Ej9Ls[/youtube] 追記。 山岡鉄舟が書き写した「千字文」。いろいろ調べると、 中国の ”王羲之” という方が有名だそうで。 なぁーんて調べていたら、なんと。 ちょうど上野で王羲之の展覧会がやってました。 いやぁ。偶然っていいですね~