未来派

こにゃにゃちは。 かもめ食堂 膝行族 ハラダ です。 「いやいや、ここの会計はぼくがもちますよぉ」 『なにをおっしゃるんですが、いつもお世話になってますから...』 「いやいや」 『いえいえ』 ... ... ... ... ... ... 「じゃあ、割り勘にしましょか」 『そうですね』 「領収書は...?」 『お願いします(汗)』 みたいな問答風に、100km / h さんから、 バトンをいただきつつ、読書の話。 先日、移動の合間になにかヒント(曖昧、笑)がないかなぁと思い、 代官山の蔦屋書店を訪れました。 で、ぼけっと歩いていたら、ビジュアル洋書のセールが(oД0)!! で、ぼけっと眺めていたら、ズバッと目に入ってきました。 この二冊。 芸術(?)の流派、未来派の本と、 冷戦において、展示会が果たした役割の本。 未来派(Futurism)は世界大戦前にイタリアで生まれ、 過去・現在を嫌い(hate)、とにかく未来を見つめる流派だったとか。 残念ながら、ファシズムに利用されてしまったようです。 でも、この本にある言葉がとてもすてきです。 Art + Action + Life = Futurism かくありたいです! そして、展示会。 展示会は夢がたくさんあるところですよね。 眺めていて、ええなぁと思います。 未来を見つめる目。 しまった! また合気道と関係ないことを書いてしもうた! まっ。いっか。 蔦屋書店の洋書セール、明日10/4までやってるみたいです。 興味があればどうぞ! 追記。購入した二冊。合計930円でした。本来であれば、6000円近かったみたい。