日常の中の合気道

通勤時間の踏切、「だいぶ」前から カンカン鳴る音と同時に 私を越して小走りになったサラリーマン。 肩からかけてた大き目のショルダーバッグの中央に 手の平を当てバッグ部分を自分の脇腹に ぴたっと付けてる。 あ、コレは代表が言う 「中心、中心」だ。 image