技の名前を覚えること… メタ記憶

わんわんわん。かもめ食堂膝行族 ハラダです。 なんだか、合気道道場らしからぬ投稿をつづけてしまい恐縮です。 最近、「認知科学」が気になっています。 岩波新書 【心と脳】 を(襲いくる眠気と格闘しながら)読んでいたところ、 こんな記述がありました。 心と脳――認知科学入門 (岩波新書 2011/9/22) 著:安西 祐一郎 P.149 メタ記憶とは記憶についての記憶のこと P.150 メタ記憶は、気づき、意識、注意などの機能と深い関係がある。自分の心のはたらきに気づいたり、注意を向ける対象を意識したりする心の機能が、メタ記憶の基盤になるからである。メタ記憶や気づきなどの考え方は、いろいろな分野に応用できる。たとえば、自分で自分の学習のしかたをモニターする「自己モニタリング」や、自分で自分の学習のしかたを説明する「自己説明」、あるいは自分の知識を他の人に教えることをとおして自分も学ぶ「教えることによる学習」など、学習や教育への応用も1970年代から考えられてきた。 これも文章を読むと当たり前なのですが、 「メタ記憶」というコトバを与えられることで、

なるほどなぁ

(ホントか) ってなるから不思議なもんです。 ここを読んでいて思い出したのが、グアム合気会 峰岸先生の稽古でした。 先生は現地の子どもたちに指導をする際、先に技を見せ、 そのあと必ず、

技の名前を子どもたちに答えさせていた

のです。 ぼーっと目の前を通り過ぎてしまう技も、 自分たちが技の名前を答え、 自分の中に名前が与えられることで、 しっかり観察できるのだと思うのです。 なにか、ひっかかるアンカー(フック)があればいいんですよね。 ぼくは稽古で学んだことを、いろんなアンカーを思い出して、 ぐるぐると頭の中で復習をし、認識を重ねていくことを心がけています。 みなさんは、どのような認識の仕方を心がけていますか。 今度、教えてくださいね(^^) 追記。 「メタ」ってことば、つけるとかっこいいですよね~ これから、 メタかもめ メタ食堂メタ膝行族 メタメタ ハラダ に改名しようかな(笑) ご参考まで 心と脳――認知科学入門 (岩波新書)