坂の上の雲

昨年、横須賀の三笠公園を訪れたのを機に、

自分史上初の8巻にも及ぶ、司馬遼太郎ワールドへふらふらと… そして、ようやく、今、完結篇へ。

その途中の6巻の「奉天へ」の章に、 日本古来の、「柔術」の文字が登場。

道場の方々との語らいの場で、 度々、耳にしていたので、ちょっと気になりまして…

日露戦争中の奉天会戦の戦術が、 柔道や空手や合気道などの現代武道の母体である、 この「柔術」の手に似ているらしい。

武士 vs 武士の場面だけでなく、 軍隊 vs 軍隊の場面にも活かせるのですね。 稽古場以外でも合気道を活かしていきたいな…