向こうの力を…

こんばんは。かもめ食堂膝行族 ハラダです。 先日、某アーティストの本を読みました。 ※挑戦的なアートなので名前は伏せます。 彼らは昨年の春にふとした (信念ある) 活動で メディアに取り上げられ、よくもわるくも一躍有名になりました。 彼らはこの出来事をこう語っていました。 すでに公共性のあるモノ(建造物など)への介入・活用によって、 マスメディアの力を利用したのだと。 それによって、介入・活用されたモノに新たに命を吹き込んだのだ、と。 (公共物が、あって当たり前のものでなくなった。再びスポットライトを浴びた) また、同じようなことをしている フランスのアーティストはこうとも言ったそうです。 「合気道のように向こうの力を借りるんだ」 と。 このような合気道のとらえ方がどうなのかは、 個々人がお考えになることなのですけれど、 アーティストが "合気道" を意識している 記述に出会ったのは意外でした(^^) 合気道人口が多いと聞く、 フランスだからかもしれません。 アートも力(動き)をもっているのですね。