兵法家伝書

こんにちわわ。かもめ食堂 膝行族 ハラダです。 ちょっと涼しくなってきましたね。ヨカッタ。 お漬物の "たくあん" はご存知です、よね(^^) 実は、沢庵 宗彭(たくあん そうほう)という 禅僧のお名前が由来なのです。 沢庵禅師、剣術心得の書を記しています。 「不動智神妙録」といいます。 この書は、柳生 宗矩(やぎゅう むねのり)という 剣豪のために記されたものと言われています。 誰じゃらほいって感じですが、 宗矩は、柳生十兵衛の父。 そして徳川家光の剣の師匠であったと言われています。 その宗矩が残した剣術の書が、 「兵法家伝書」です。ナガカッタですね(笑) この兵法家伝書、岩波文庫で読むことができますが、 現代語にはなっていないため読みづらいです。 というか、読めていません(^皿^) ただ、眺めるだけでも江戸時代の剣豪が このようなことを気にかけていたのだなぁとさわりはわかります。 -- 「兵法家伝書」柳生宗矩著、渡辺一郎校注 岩波文庫(1985) 兵法修行の大前提となる身のこなしを 自由にするための三要素として... P.9 一、身構(みがまえ) 一、手足(しゅそく) 一、太刀(たち) 右の三个(さんか)を以て、 初学の門として、 是より学び入るべし。 -- これを冒頭に挙げています。 出来そうで、出来ない。 わかりそうで、わからない。 なによりも言葉であらわそうとするのが すごいことだと思います。 兵法家伝書―付・新陰流兵法目録事 (岩波文庫)