全生庵に二人。

こんばんは。かもめ食堂 膝行族 ハラダです。 12月。すっかり暗くなるのも早くなりましたね。 前回の投稿で触れた機関誌の表紙絵。 せっかくなので投稿します(^皿^) もう発刊されたので公開しても怒られないハズ(笑) 年末落語の「文七元結(ぶんしちもっとい)」の いち場面を区切ったものです。 この「文七元結」、明治時代の落語家 三遊亭圓朝さんの創作と言われています。 この三遊亭圓朝さん、あることでも有名です。 それは「禅」を修めた落語家として知られています。 禅の師匠は、誰であろう...山岡鉄舟。 お二人は、文京区谷中の禅寺「全生庵」にいらっしゃいます。 先日空き時間があったので、お二人にご挨拶をしてきました。 左手の大きな墓石が山岡鉄舟。右手に画像が小さくて見えないですが、三遊亭圓朝の墓標案内があります。 偶然というのは本当におもしろいものです。 この全生庵に挨拶をおえて、再び移動しようと、 千代田線の千駄木駅に降りて行ったら... なんと正面からこの機関誌の表紙を描かせていたただいた 勉強会の集まりの代表(理事)とバッタリ。 代表理事も山岡鉄舟がお好きだそうです。 ご縁はありますね。