入口と出口のあいだ。/ between in and out.

こんばんは。昨日出先でさっそうと歩いていて、ガラスドアにコントのように顔面を強打しました。若干オイシイかなと思ったけど、だ〜れも見ておらず...ちょっとわびしい思いをした箸が転がってもおかしい年頃な かもめ食堂 膝行族 ハラダです。 ぱんさんにならって、たまには合気道での気付きを。 合気道を習いはじめて一年半程度ですが、 すでに自分なりに描きたい流れがあります。 でも当たり前ですが、 相手あってのことです。 思い通りにはいきません。 もっというと、 稽古の場所が... 春風でない場合、 さらに、いつもと違う先生に教えていただくと、 なおさら思い描けなくなります。 そんなこころの状態で、 相手の受け取りをすると、 手を握った瞬間に違和感を感じ、 こころが固くなり、 そして、 からだが固くなるのを感じます。 こころの中ではこんなこと思ってます。 " 入り口は、こう習ったんだからこれでただしいんだよ... " "よし自分はただしい... " "エイっ" ってやってしまう。 入口(入り)と出口(投げ)だけに気が向いてしまって、 相手とのプロセス(呼吸合わせ?ダンス??)がすっかり抜け落ちてるんですよね。 入り口に焦り、 出口にも焦る。 いそぎまくりです(^^; 入口と出口だけでいいなら ひとりで型をやっていればよい話です... こころもやわらかくしたいなと思う今日この頃でした。 これ、ひとりで顔面を痛打して、 ひとりわびしいときに気づきました(笑) Hello, this is harada @ sengawa aikido harukaze. Although a year and a half experiences of Aikido, I already have had a ideal flow of Uke & Tori. But, naturally Aikido needs pair work, thing doesn't go my way. And even more, in the case of different dojo and sensei, I can hardly draw my ideal flow. In this (noisy) mind state, I feel something wrong in catching his/her arm. Then, I felt my mind become stubborn and my body become stiff. My internal conversation like this ... " In begining of Shi-ho-nage, it's all right because I learned this step from my teacher. " " OK, OK, I'm right. " " Done!! ( throw ) " I only focus on IN (Iri) & OUT (Throw). So I overlook the process of waza with him/her. Overlooking is my problem, so I'd like to have a flexible mind and be attentive to him/her. Thank you for reading.