モンド(問答)セレクション。タイトル意味なし。

カァーッ

カレー食べたい。。。 かもめ食堂 膝行族 ハラダです。おはようございます。 いよいよ稽古納めが近づき、 そのまま春風としての忘年会@春清寺ですね。 座禅会など春清寺にお世話になっているからには、 道元(曹洞宗)が遺した「正法眼蔵」を 読んでみたいと思いつつ~... ここ数年は同じく禅系である 臨済宗の書と偶然であってしまいます。 今年は、臨済の問答集(!?)である「臨済録」が なかなかなカオスっぷりを発揮していて笑えました。 P.25 「臨済録」 著:入矢義高 訳注 出版:岩波文庫(1989) 臨済が修行僧の集まる講話の中で、師匠であった黄檗と臨済の修行を思い起こし、 よくわしも師匠に棒で打たれたものだなぁ~...と思い返すくだりで。。。
「(臨済の言葉~中略)たれかわしのために打ってくれる者はあるまいか。」 その時、一人の僧が列の中から進み出て、「私にはやれます。」師は棒をとって彼に渡そうとした。僧が受け取ろうとすると、師はすかさず彼を打った。
ひ、ひどい...(T_T) えぇ。 ノリ突っ込みです。 漫才以外のなにものでもありません(^^) 相手にあわせて応えを返すのが真意のようですけれども、 こういう理不尽っぷりがちょこちょこと 散見されておもしろいのです。 問答でお互い間髪入れずやりあう。 そんな合わせ方があるから、 禅と武道との相性がよいと一説いわれるゆえんなんでしょうか。 もちろんこんな問答ばかりでなく、 迷ったらまわりに求めるのでなく、自分の中に答えを求めなさい のような学びもいただけます。 この臨済禅師の書といい、ティク・ナット・ハン禅師の書といい 禅の考えからとても学ぶ点が多いのですが、いずれにせよ日本人の書いた 思想・哲学書として正法眼蔵にはチャレンジしたいっす。 追記。 明日から 渋谷Bunkamura で、日本臨済宗を中興した「白隠」の画展がひらかれるようです。開期が来年の2月までなのでどこかで行ってみようと思います。 カツカレーを食べてから。。。