グー

こんばんは。かもめ食堂膝行族 ハラダです。 10月19日のブログで紹介をした アメリカの禅僧片桐大忍老師の法話を 空き時間に聴いています。 "Zazen and Creating Space" という約30分強のお話に定めて。 お話の中。結構、キーポイントになりそうな所で、 "ダウネス"という単語が出てきます。 なんじゃらほい。 "lofty(高尚な)" に対比させているので、 少なくともプラスの言葉じゃないなぁと思いつつ、 よくよく聴きこむと老師は 「ある種の foolish(愚かさ) だ。」 と言い換えているようです。 その後、その例えとして、 錐(キリ)で穴をあけると言っています。 ダウネス=down(ness)と捉えてもよさそう。 でも、ん!? 法話で、"愚かさ"!?!?!? まったくワカラン(oД0)!! とそこが気になっていました。 でも、偶然はあるものです。 たまたま読んだ「茶の本(著:岡倉天心)」の解説本に ヒントが載っていました! 禅においては「愚(グ)」という言葉を使うそうです。 一般的なモノの見方からすると 愚 はマイナスです。 そこで、あえて "愚" という冷めたというか、 一歩引いた立場に自らを置いてみる。 それによって、プラスマイナスなモノの見方を 離れたところに価値を見出す。 それが禅でいう「愚」ということだそうです。 知識で自らを満たしてしまうのではなく、 自分をからっぽにしてこそ見える世界があるのではないか... そのような心構え、いまはそのように捉えています。 なかなか手放せませんよねぇ。。。 またしばらく、片桐老師の法話を聴きこんでみたいと思います。 おまけ。その1. この法話で老師は、 禅とは日々 "生死(Life AND Death)" に向き合うことだ。 そのように述べているようです。 よく西欧の本(や映画)で見るのは、 "生死か(life OR Death)" な気がするのです。 AND(両方含む)か、 OR(どちらか)か。 そのあたりの言葉遣いも気になります(^^)