わたしの一品~その3~ / My favourite & soul !!

こんばんは。後述しますが、今週は自分にとって14年ぶりのイベントがあり楽しみでしかたがない かもめ食堂膝行族ハラダです。 若武者さんと100km/hさんにつづきまして、 わたしの一品です(かなり自己満足な更新。ご勘弁を)。 こちら。
Next to Waka-Musya-san, 100km/h-san, My favourite & soul is this...GUITAR !!!
そう。ギターです。 このギターとても想い入れがありますデス。 中2の夏くらいに友人(のお兄さん)から壊れていたこのギターを500円で買いました。 なんで壊れたヤツがよかったかというと... もちろん、お金がなかったから(笑) そしてなにより、カスタマイズしたかったらからなんですね~
I'm emotionally involved with this guitar. I bought the broken guitar from my friend's brother at 500yen when I was junior high school student. Why did I bought broken one... 'caus I didn't have enough money :) moreover I wanna build a customized one.
このギター、実はモデルがあります。 ぼくが敬愛してやまないギタリストのギターに模してあるのです。 (大好きで、大好きすぎるので、名前は公表しません、笑) 赤・黒・白のストライプは車用スプレーでペイントしました。 んで、音源もこのギタリストの当時のポリシー 「ワン・ハムバッカー&ワン・ボリューム」です。  ※ひとつのマイクにひとつの音量 二つ付いていた前方のマイクを外し、穴を埋め、 残してある後方のマイクの配線をエイヤと直しました。
This red & white stripe color I painted is same as my favorite guitarist one. One guitar microphone (pick up) and One volume level setting is same as his, too. I connected these circuit with my intuition ;)
いま思えば Yahoo!知恵袋もない時代に、 よくやったものだと思うのですが(笑)、 それほどまでに彼のことを尊敬していたんだと思います。 一般的なギターは、  ツー・ハムバッカー&前後切り替えスイッチ  ワン・ボリューム&ワン・トーン(音色の硬軟を変える) なんですが、 このギタリスト、 "どうせライブ中にはマイクをスイッチングすることもできないし、  音色の硬軟もかえることなんてできないよ"   前方のマイクの方が甘い音を拾えるが、ライブでは演奏に集中するため、   そんな切り替えをする余裕などない...の意味。のちに持論を覆すが(笑) ってなもんでこんなストイックな仕様にしていたんですね。 そんな彼の考えに中坊はいたく感激しまして、 真似をしたかったのであります。
This too simple guitar setting is very practicable on live stage. I like his thinking straight style. But, his playing style - famous TAPPING - is wonderful, too.
このギタリストさん、こういっちゃ失礼ですが、 もちろん中身もスバラシイです。 とあるトリッキーな奏法でギター界に名を残しているのですが、 変幻自在な音色と、とても楽しそうに弾くライブパフォーマンスにも ズキュンズキュンやられました。 大げさな表現でなく、 ぼくの10代のほぼ大半はこのお方でできています。
Almost all of my teens memory was filled with his music. I really really appreciate meeting with him.
このひとのスタンスはいまの自分にも根強く残っていて、 社会人はじめてで選んだ業界もこのひとの影響だと思います。 出会いに感謝感謝です。 ハイ。 そんなわたくしの魂の一品でした。
This is my favorites & my soul!! Thank you for reading. P.S. He is same birthday&year with our dojo teacher Osawa-sensei!! amazing!!!
追記:世の中狭いもので。。。軽くヒント このギタリスト、わが道場の顧問と同じ誕生日とは知っていましたが、 よくよく調べてみるとナント。まったく同一の生年月日でした。。。むう。 あと本当に大好きだったのかいって感じですが、 今週14年ぶりに新譜がでるそう(笑) ウェブサイトをみたら新曲PVが公開されていました。 三回ヴォーカルが変わって、初代が戻っての新譜。 初代らしさが出ていて、昔の若さはないですがシブクきめています。 ちょっと涙がちょちょぎれました(T_T) 今週の楽しみができました。 もうひとりとても大好きな方がいるのですが、 それはまたの機会があれば。。。