ぞくっときた本

わんばんこ。かもめ食堂膝行族 ハラダです。 おばんどすえ。 きました。きました。 ぞくっときた本。 これです。 わたくし、合気道をやってみたいなと思った きっかけの本があります。これです。 達人のサイエンス―真の自己成長のために この作者は、人の学習カーブの分析をされた方で、 アメリカの合気道の先生です。 2時間ぶっ通しで同じ技を続けた記述の中に、 没頭感というか静けさを感じて合気道に興味を持ちました。 2005年の話です。そこから合気道を習い始めたのが2010年。 そして一昨年、臨済録にぞくっと来ました。 臨済録 臨済録にもびっくりしました。 無人島に一冊だけ本を持って行っていいと言われたら 迷わず臨済録を選びました。。。 ました、と過去形なのは言わずもがな。 これからは「禅とオートバイ修理技術」にかわります。 この本には、 混沌の中に静けさがあり、 ギリシャ哲学の思惟があり、 冒険があり、 父と息子の関係があります。 ひとことでは言えないですし、 読みとりきれていないのですが、 きっと何度読んでも読みとりきれないと思います。 いやぁいい本に出会いました。感謝感謝です。 禅とオートバイ修理技術〈上〉 (ハヤカワ文庫NF)