かもめ的 非常時7つ道具(ひとつ飲み会用)

こんばんは。 かもめ食堂膝行族 ハラダです。 気が付いたら、今年 初投稿です(^^) ちょっと緊張気味なので、まじめに書いてみます(みますってなんだ、笑)。 雪の状況がすごいですね。 山梨県の状況がなぜテレビ報道されないのか... などとインターネットでの声が上がっています。 県民からの直接の画像をみると、テレビ報道しないのではなく、 テレビカメラが入れない状況になってるんですよね。 ぼくはテレビを見ないので憶測ですがm(_ _ )m だとすると、単独のジャーナリストを使っていないメディアの限界を感じたりします。 さて、震災以降、持ち物に工夫をしています。 もちろんぼくのアイデアではなく、これはいいなと感じたものを集めた状況です。 原則鞄の中には、これらを入れています。 向かって左上から、外付けハードディスク(これはいつもは持ち歩いていません。クラウドもあまり信用していません)、ポータブル充電器(3回フル充電)、ソーラー充電器。 下段、LEDライト、プラス・マイナスドライバー・栓抜き(十徳ナイフは機内に持込ませんので)、スマホ紛失アラーム、方位磁石。 「プラス・マイナスドライバー・栓抜き」の栓抜きは飲み会必須です(笑) nekoさんから教えてもらったのですが、このポータブル充電器。 なんとLEDライト付きです。なんでまた!?って感じですが、困ったときに便利なはずです。 スマホの 電子書籍アプリkindle には災害時の本を入れています。 kindleのアプリは、無料です。アマゾンへのユーザ登録(無料)こそ必要ですが、入れておくと便利ですよ。 以上が、日常生活編。 下記は、海外旅行編。 カードフォルダに必要な情報をまとめます。 付せん、クレカ、ボールペン、現金(日本円非常時用・現地通貨)。 スペインにいったときの写真だったので、挨拶を目に見えるところに貼ってますね(笑) SDカードに、顔写真とパスポートの画像を入れています。それと健康診断の情報も。 それとパスポートのコピーを入れています。 フロリダで夜な夜なバーに入ろうとしたときに、入り口で止められて、 パスポートを見せろと言われコピーを見せたら、コピーなんて信じられんと跳ね返されたこともありました(笑) 最終的には入れてもらえましたけどね。パスポートを持ち歩くことだって危険なときもあると思います。 絆創膏と布ガムテープ(止血にも使えます)をグルグル巻きにしたもの。 これは日常生活の鞄にもいれています。 このフォルダを持ち歩くと、なにがいいって手ぶらで歩けることです。 スペインでは、このフォルダとスマホで外出。 プラス、イラストを描きたかったので、モレスキンノートブックとペン、色鉛筆を持ち歩きました。 あと、折り畳みのちっこい地図。「地球の歩き方」を開いて歩くと格好のマトになるらしいと聞いたので、 Eyewitness Top 10 Travel Guide シリーズがいまのお気に入りです。 ガイド自体もちっちゃいし、海外の本ならではの情報もあるし、 グルメ、お買いもの、アートなどカテゴリごとにやったほうがいいTOP10がついてるので面白いです。 >> ご参考まで。ガイドのホームページ。 Eyewitness Top 10 Travel Guide それと仮に離島で暮らさざるをえなくなったとき、 これだけは持っていきたいという本はありますか? 先月末、ふと、臨済録を読み返したのですが、 西田幾多郎さんという哲学者は、「臨済録」と「歎異抄」があれば、 世界で本がなくなってもOKと述べていたそうです。 スティーブ・ジョブズは、iPadの電子書籍にはたった一冊だけ、 「あるヨギの自叙伝」を入れていたそうです。 そこまでの本は...いまのぼくにはないですね。 そういうのがある方は、今度お会いしたときにぜひ教えてくださ~い(^^) ちょこっとまじめに書いてみたかもめでした。 付記 そうそう、家の鍵に「笛付きLEDライト」も付けてました。 仮に埋もれてしまったとき、笛は有効らしいですよ。