おとなの寺子屋

こんにちは。かもめ膝行亭 ハラダでございます。 春風ブログで音楽のことを一方的に書きなぐっておきながら、 最近は落語にはまっています。 昨年は春風ブログでも紹介させていただいた 春風亭柳橋先輩からはじまり、 いろいろな方面で "落語" がちょいちょい出てきました。 ※春風亭柳橋先輩についての記事。https://aikido-harukaze.com/?p=4662 これはなにかの機会と思いまして お手頃で落語を聴けないかと思っていたところ、 昨年末、本屋で落語名人寄席CD10枚セット(980円)を見つけました。 その中で「三代目 三遊亭金馬」という方が、 自分にとって声質、間など好みだったので 別途CDを購入し、聴き込んでいます。 三遊亭金馬さんはラジオが全盛のころの 落語家だったそうで、 映像がないぶん、話の明瞭さで有名だったとか。 たしかに聴きやすいです。 聴きやすいし、話も10分~30分ですので、 移動中に聴くのに最適です。 なによりも愉快な気分になれます。 噺に引き込まれる瞬間(間の白黒がとくに)も楽しいし、 食べ物や職業などの話題も学びになります。 ※まだ詳しくないですが、ぼくが聴いているのは江戸落語。 たとえば「唐茄子(とうなす)屋政談」という話。 遊びすぎた若旦那がその生活態度を立て直すために、 唐茄子(かぼちゃ)を売り歩く中の出来事を描きます。 なぜかぼちゃなんだかよくわかりませんけれど、 きっとかぼちゃにも意味があるんでしょう。。。 若旦那の心意気を買ってくれる 町内のひとたちの人情を笑いとともに味わうことができます。 また、当時の身体の姿勢についても感じる点があります。 たとえば天秤。 天秤は肩にかけて歩くのですが、 それだけでは身体を壊してしまうようで、 添付動画の19分あたりにこんな会話があります。 [youtube]http://www.youtube.com/watch?v=MpFeu2FxuP0[/youtube]

担ぎ物は肩だけでなく、 腰が入ってねぇとだめなんでぃ。
とか。 なんとなく合気道につながりそうな、 つながらなそうな。。。 落語家の方の座り方もきれいだなぁとか、 いろいろ紐付ながら楽しんでます。 さきは長そうです。 おまけ。 落語(CD)は、ひとつの噺が30分程度。 主題に入る前に「まくら」といわれる、 飲み屋でいう「お通し」があるようです。 三代目 三遊亭金馬「目黒のさんま」2-1(まくら~) [youtube]http://www.youtube.com/watch?v=-e3By6ov0PY[/youtube] この「まくら」だけでも十二分に面白いのですが、 まくら~主題へのつながり方が勉強になります。 三代目 三遊亭金馬「目黒のさんま」2-2(本題) [youtube]http://www.youtube.com/watch?v=qCpdYH8cvSQ[/youtube]