あの人が忍者?

こんばんわんこそば。 かもめ食堂 そば大好き族 ハラダ です。 「逆説の日本史」という大胆な歴史の組み立てをする 日本史のシリーズがあります。ご存知ですか!? その作者が別シリーズで書いた 鎌倉時代の話がおもしろいです。 古典芸能の「能」を芸術にまで高め、 書物として残した、世阿弥(ぜあみ)。 なんと彼は伊賀の里だそうです。 伊賀の里と言えば、そう。 ニンニン。 忍者の里と言われています。 世阿弥の父、観阿弥は南北朝における 南朝のスパイだったのではないかとの説があり。 それゆえ、観阿弥・世阿弥の忍者説が リアルになってくるんですね~ なんと松尾芭蕉も伊賀の出身だとか。。。 ただいま、鎌倉時代にダダはまり中です。