「空(くう)」

こんにちは。かもめ食堂 膝行族 ハラダ です。 暑かったり、寒かったり、こういう季節に思い出す本が一冊あります。 出先からではありますが、空き時間にちょっとアップします。 ちょこちょこ春風ブログに書かせていただいている、 ベトナム禅僧 ティク・ナット・ハン老師(臨済宗)の THE HEART OF UNDERSTANDING commentaries on the Prajnaparamita Heart Sutra 一部の宗派では読まれないそうですが、 「般若心経」のハン老師の解釈本です。 ハン老師は詩人でもあるため、たとえが興味深いことが多いです。 この本ではこのような解釈から入ります。 --要旨-- もし、あなたが詩人だとしたら、 一枚の紙の上に、雲が浮かんでいるのが見える という、わたしのたとえに同感してもらえると思います。 雲がなければ、雨もなく。 雨がなければ、木々が生えることもなく。 そして木がなければ、紙ができることもないのです。 だから、わたしには雲と紙に関係性 ( inter-are ) が見るのです。 紙をもっともっと深く見てみれば、 そこには、太陽の恵みも感じます。 太陽がなければ、森が育つことはできません。 ただの薄い紙ですが、 そこにはこの世の中のすべてが含まれているのです。 --終了-- なぜ、日本語で読める般若心経を、 わざわざ英語で、外僧から学ばなければならなかったか。 ぼくにとって 「空(くう)」 の概念がわからなかったからです。 ハン老師は、上記の要旨を踏まえて「空」を述べていきます。 --要旨2-- 般若心経の「空」は、要旨で述べた雲と紙の関連性を、 いっさい無きものと考える捉え方もあるようです、深く見ていきましょう。 「空」とはなにか。 " 空とは、なにかが欠けている状態だと思います " (To be empty is to be empty of something.) たとえば、グラスに水をいっぱいためて、それを指して、 「 これは空っぽですか? 」 と聞いたらば、あなたはきっと、 『 いいえ。水でいっぱいです 』 と応えるでしょう。 では、グラスの水を捨ててしまって、ふたたび、 「 これは空っぽですか? 」 と聞いたらば、あなたはきっと、 『 はい。空っぽです。 』 とお応えになるでしょう。 さて、"からっぽ" とは何をさしてそういうのでしょう。 グラスの中身は、まったくのからっぽにはならないと思うのです。 あなたが からっぽ の意味を腑に落とさない限り、 からっぽという言葉は意味をなさないと思うのです。 水がなくなったかわりに、グラスは空気で埋められています。 観自在菩薩がこの世は一切 空である、 とおっしゃるとき、 "  空とは何だろう?  " と改めて聞き直す必要があるのです --終了-- iPhoneアプリのkindleで、本をダウンロードして、 出だしだけ読んでいるだけなので、かじり読みでm(_ _ )m ハン老師は「空」は一切ないものをさすのではなく、 一枚の紙でさえ、太陽とつながっているように、 すべてのものの内在に、すべてのものが介在し、 それは引き継がれていくのです、 と締めていたと記憶しています。 いわゆる、「無常観」とは違う捉え方です。 すべてのものが関連しあう ( inter-being ) が ハン老師の教えの 核 です。 無常 emptiness か 関連 inter-being か。 どちらかに固定してとらえてもいいでしょうし、 むしろ、時々で都合のよいようにとらえてもいいと思うのです。 そのようなことを感じた、きょう、このときです。 御縁感謝